Voice オーナーインタビュー

「はじめの一歩セミナー」に参加して資金計画の不安が解消できました。20代だからできる家づくりがあるんですね。背中を押してもらって、一歩踏み出せました。

北海道函館市 H様邸

ご家族構成:ご夫婦

【建物面積】
1F床面積:91.73㎡/2F床面積:55.38㎡/
      延床面積:147.11㎡(44.50坪)

Interview.01 直接のきっかけは増税です。もともと家やインテリアに興味があってモデルハウス見学にも行っていました。インターデコハウスばかりですけど。

奥様: 独身の頃から家には興味があって、インテリア雑誌を見たり、モデルハウスを見に行ったりしていたんです。今回、家を建てると決めた一番のきっかけは増税です。8%になる前に契約するには、いつまでに何をしたらいいか、真っ先に相談したのがインターデコハウスさんでした。

ご主人: そのときはまだ函館に転勤する前で、土地探しからお願いしたんだよね。考えてみたら初めてふたりで見たモデルハウスもインターデコハウスだったし…あのときからお願いするって決めてたんでしょう?

奥様: ふふ、実はそうでした(笑)。本当のことを言うと、もっと前にインターデコハウスで建てた知人の家を見たときから、自分のときも絶対にこういう家にしようって決めていたの。

ご主人: あっ、そう…そんなに前から…。

奥様: キッチンのタイルや階段のステンドグラス、照明に飾り棚、何もかもが可愛くて、今でもよ~く覚えてる。初めて一緒にモデルハウスを見に行ったとき、「いいね」って言ってくれたでしょう?

ご主人: そうだっけ(笑)

函館しく海が似合うところや爽やかなデザインが好きです。キッチンの柱や飾り棚に使った古材、細かなデザインも全部気に入っています。

奥様: 爽やかでナチュラルなデザインにひと目惚れしました。海が似合うところも函館らしくていいなって思っています。なかでもキッチンの柱や飾り棚に古材を使って、ちょっと古びた雰囲気に仕上げているところは、カタログの写真を見たときから、ぜひこうしたいと思っていてお願いしました。

ご主人: 雑誌を切り貼りしてスクラップブックを作ってたよね。飾り棚や収納のデザインスケッチを描いたりして、準備も楽しそうだったなぁ。

奥様: そう、今回スクラップブックを作るのに雑誌を見直していて気づいたんだけど「こういう空間好きだな~」って見ていたページが、実はインターデコハウスだったということが何度もあったの。ちょっと驚いちゃった。

ご主人: 名前を知るずっと前から好きだったんだね。

奥様: そうなの。この家に飾っているカゴや木箱も、独身の頃にひとり暮らしをするときのために集めたものなんだけど、雑誌で見たコーディネートを参考にしているから、この家にも似合っているでしょ?

ご主人: うん、似合ってる似合ってる(笑)。

大工さんがいつも楽しそうに作業しているのが印象的でした。飾り棚の位置やサイズを現場で相談できたのもよかったですね。

奥様: 建築中は週末ごとに現場を見に行っていたのですが、大工さんがいつも楽しそうに作業していたのが印象的でした。家づくりへの愛情を感じられて、きっといい家になるって予感がしました。「やってみる?」って、壁のクギ打ちを体験させてもらったり、棚の高さや位置を実際に現場を見ながら相談できたのも良かったですね。

ご主人: テレビに合わせてもらった階段の壁も、ぴったりジャストサイズだし、ケーブルも見えないように工夫されていて、さすがプロの仕事って感じがしたなぁ。

奥様: そう、キッチンのパントリーや飾り棚、クロゼットの仕切り棚も、私が描いた絵の通りに仕上がっていて驚きました。コーディネートの打合せでも、照明やスイッチ、クロスの色など、私好みのものがちゃんとセレクトされてましたし…。事前にスクラップブックでイメージを伝えていたのもあるけど、欲しいモノをリクエストすると必ず見つけてきてくれて、希望は100%叶えられました。

ご主人: あと忘れちゃいけないのがカーポート。ここから家のプランを考えていっただけあって、デザインにも統一感があるし、外から眺めるといいな~って思うよ。上をベランダにしたのも正解だったね。去年の6月に工事が始まって完成が9月。建築中はあまり雨にもあたらなくて、その点でも恵まれてたんじゃないかな。

奥様: 今年の4月にはふたりとも函館に転勤できたし、本当によかったね。

暮らし始めてからもときどき見学に来る方がいるのでインターデコハウスのスタッフ気分でこの家の良さをお話ししています(笑)

奥様: 昨年9月にこの家が完成したときはまだ転勤前だったので、少し長めにオープンハウスとして公開していました。函館では2棟目のデザインということもあってスタッフの皆さんも力を注いでくれたおかげで、随分多くの方が見学に来られたみたいです。

ご主人: うちを見て同じタイプの家に決めた人もいたって言ってたよね。

奥様: そうそう、住み始めてからも何組か見学に来て、なかにはオープンハウスをしたときのチラシをずっと大切に保管していたという方もいたの。なんだか嬉しくて、インターデコハウスのスタッフ気分でいろいろお話ししちゃいました(笑)。家に並べてカーポートを造れるように土地を探してもらったことや間取りのこと、家の中の一つひとつにこだわりや想い出があるので、話が尽きません。

ご主人: 打合せのときからだけど、家のことをしていると本当に楽しそうだよね。今も家の中を飾ったり、玄関前の花壇を作ったり、そばで見ているだけでこっちまで楽しくなるし、買い物に行っても今度は何を買うんだろうって、毎回興味深々だよ。

奥様: そうなの?(笑)今は二人とも仕事をしていて、平日は帰って寝るだけだけど、こうして好きなものに囲まれて暮らせるのは本当にしあわせ♪何気ない時間をふたりで心地よく過ごせるのも、この家のおかげです。

  1. 09

    「真冬のモデルホームで暖かさにビックリ!」

    岡山県倉敷市O様邸

  2. 08

    「心から『好き』と思える家に住みたかったんです。」

    佐賀県小城市K様邸

  3. 07

    「外観デザインも間取りも、私たちの理想そのもの!」

    北海道函館市M様邸

  4. 06

    「家を建てるなら絶対インターデコハウス」

    広島県K様邸

  5. 05

    「心を動かしたのは信頼できる営業マンでした。」

    岡山県Y様邸

  6. 04

    「水の郷・安曇野でカフェをオープンしました。」

    長野県O様邸

  7. 03

    「憧れの空間を実現できて幸せ♪」

    北海道H様邸

  8. 02

    「20代だからできる家づくり」

    佐賀県Y様邸

  9. 01

    「古いものを大切に使い続ける暮らし」

    北海道M様邸