Voice オーナーインタビュー

「はじめの一歩セミナー」に参加して資金計画の不安が解消できました。20代だからできる家づくりがあるんですね。背中を押してもらって、一歩踏み出せました。

長野県安曇野市 O様邸

ご家族構成:ご夫婦

【建物面積】
1F床面積:115.22㎡/2F床面積:81.84㎡/
      延床面積:197.06㎡(44.50坪)

住み替え話が持ち上がり「それなら自分の店を開こう」と。安曇野で土地探しを始めてすぐ、この場所に出合ってしまったんです。

ご主人:母が体をこわして一緒に暮らそうかという話になり、家のことを考えるようになったんです。3年半くらい前でしょうかね。

奥様:当時は白馬に住んでいたのですが、母と暮らすなら家を建て増しするより建て替えよう…と。だったら、ただ家を建てるだけじゃなくて、自分のお店ができたらいいねって、土地を探し始めたんです。

ご主人:白馬ではホテルのレストランに勤めていたのですが、いつか自分のお店を持ちたいという気持ちはありましたから。まぁ、といっても白馬の家を売却してからじゃないと無理なので、急ぐつもりはなかったんです。

奥様:そうね、全く急いでなかったのに、土地を探し始めてすぐ安曇野のこの場所が見つかったのよね。でも、そのあと東北の震災があってパタッと全てが動かなくなって、家の売却も難しいと思っていたら、地元の方が購入してくれたんです。色々なことが家を建てる方に向かっていた気がします。

ご主人:その頃にはインターデコハウスの人とも話をしていて、白馬の家が売却できて融資を受けられたら契約できるということで、一緒に銀行まわりもしてもらいました。

「一緒につくりましょう」という営業の方の家づくりの姿勢ですね。もちろん家のデザインもステキで、お店のイメージにも合ってました。

ご主人:建物については作る料理に合わせてヨーロッパスタイルというか…洋風のデザインにしようと思っていました。輸入住宅の雑誌を見て何社か気になるところに問い合わせて、連絡が取れたところから順に話を聞きに行ったんです。インターデコハウスさんとは、その時に出合いました。

奥様:お話を聞いたなかではインターデコハウスさんが、外観のデザインも室内のコーディネートも一番おしゃれでステキでした。

ご主人:営業の人も熱心で誠意を感じられました。予算やプランのことでは、いろいろムリを言ってしまったと思うんですけど…。

奥様:家づくりに関してはもちろんプロフェッショナルだと思うのですが、それを感じさせない温かい雰囲気というか、「一緒につくりましょう」という姿勢に惹かれましたね。

ご主人:実はもう1社、家の暖かさが気に入って話を進めていたところがあったのですが、ちょっと担当の方と行き違いがあってやめたんです。インターデコハウスは北海道生まれの住宅なので、断熱や暖かさの点でも間違いないでしょう。そういう点でも縁があったんだなと思います。

デザインのベースはスパニッシュテイストで、塗り壁にテラコッタタイル…時を重ね風合いを増す空間がお気に入り。薪ストーブで冬も家中ポカポカです。

ご主人:間取りやデザインはまず最初に「こんな感じにしたい」というスケッチ画を描いて要望を伝えたんです。いろいろあるなかで、思い描く家のイメージに一番近かったスパニッシュテイストをベースに考えました。

奥様:テラコッタタイルの床や塗り壁、アーチの下がり壁など、デコさんは標準仕様で選べるものがどれもステキですよね。新しいのにピカピカじゃなく、どことなくアンティーク感があるのも気に入っています。お客様にも「ずっと前からあったみたい」と言われることがあって、そういう声を聞くと嬉しくなりますし、建ててよかったって思います。

ご主人:よかったと言えば、薪ストーブもそう。ちょうど家の打合せをしているときに震災があって、オール電化をやめて店の暖房を薪ストーブにしたんです。高気密高断熱住宅なので吸排気には気をつかったみたいですけど。吹抜けが空気を循環させるせいか、本当に暖かいですね。

のんびりするつもりだったのに、嬉しい誤算で忙しくしています(笑)お店を閉めた後にホッとひと息美しい安曇野の景色に癒されています。

ご主人:2012年の4月にオープンしたので2年半ですか…。あっというまでしたね。オープン当初はお客様が来てくれるか心配したりもしましたけど、おかげさまで毎日忙しくしています。

奥様:主人は料理に限らず作ることが好きな人なので、テラスやエクステリアなど外回りを自分でコツコツ手づくりしているんですよ。時間があれば家もつくりたかったのかもしれませんね(笑)

ご主人:本当は自家菜園で野菜も作りたいんです…でも…毎日の仕込みに追われて手がまわりません。手間のかからないハーブやベリー系の木を植えるだけで精一杯です。それに、直売所に行けば地元の新鮮野菜が手に入りますからね。そういう意味でも安曇野に来て正解でした。

奥様:お客様のなかには「インターデコハウスさんに聞いて来ました」という方が時々いらっしゃいます。デコさんの企画でアクセサリーのワークショップを開いたこともあるんですよ。モデルハウス以外で家の中をゆっくり見られる場所はあまりないと思うので、気軽に見に来ていただきたいですね。2階のカウンター席から見る安曇野の風景は本当にステキですから。

CAFE VARIE  -カフェバリエ-

野菜たっぷり季節のランチに彩りスイーツ。
目の前に広がる安曇野の景色もごちそう。

穂高連峰の麓に広がるのどかな田園風景を眺めながら
シェフ自慢の料理が味わえる「Cafe Varie(カフェ バリエ)」。
厳選4種類のランチプレートは地元の食材をはじめ季節の野菜がたっぷり。
パンやソースまで心を込めてシェフが手作り。おなかもこころも満たされます。
また、人気の看板スイーツ「フワとろスフレ」をはじめ、
定番から新作までケーキはもちろんパフェやアイスクリームなどデザートも多彩。
店内の「森の宝石箱」コーナーでは、オリジナルの天然石アクセサリーや
手作り雑貨などを展示販売。アートの作品展なども開催しています。

《住所》 長野県安曇野市穂高有明8177-1
TEL&FAX 0263-87-3323
http://www.cafevarie.com/

  1. 09

    「真冬のモデルホームで暖かさにビックリ!」

    岡山県倉敷市O様邸

  2. 08

    「心から『好き』と思える家に住みたかったんです。」

    佐賀県小城市K様邸

  3. 07

    「外観デザインも間取りも、私たちの理想そのもの!」

    北海道函館市M様邸

  4. 06

    「家を建てるなら絶対インターデコハウス」

    広島県K様邸

  5. 05

    「心を動かしたのは信頼できる営業マンでした。」

    岡山県Y様邸

  6. 04

    「水の郷・安曇野でカフェをオープンしました。」

    長野県O様邸

  7. 03

    「憧れの空間を実現できて幸せ♪」

    北海道H様邸

  8. 02

    「20代だからできる家づくり」

    佐賀県Y様邸

  9. 01

    「古いものを大切に使い続ける暮らし」

    北海道M様邸