INTER DECO HAUS

インターデコハウス
公式サイト

トップページ > 仕様・性能 > 工法・構造

安心その1 強さにこだわり

地震・竜巻・台風に強いフィートモジュールの 「プラットホームフレーム工法」。

インターデコハウスは、ツーバイフォー工法のベースである「プラットホームフレーム工法」を採用。柱や梁で支える軸組工法とは異なり、床・壁・天井の6面全体で支えて外力を分散します。また、日本のツーバイフォーが455mmピッチなのに対し、インターデコハウスはタテ枠根太のピッチを406mmの北米式のフィートモジュールを取り入れ、より安定した強さを確保しています。

根太には強度を保つ「木質複合軸材料」を 採用し変わらない耐久性を実現。

建設地の地盤に基づいた厳しい構造基準によって設計される基礎。床下全面に施されたコンクリートに加え、2階床の根太には406mmピッチで強度に優れた木質複合軸材料を採用。乾燥による変形や縮みがほとんどなく、品質のバラつきも少ない安定した構造材です。

北米式のフィートモジュールによる階段幅は 強さに加え「空間の広さ」も確保。

通常のツーバイフォー工法では、階段幅は根太のピッチの2倍なので910mm(455mm×2)。インターデコハウスの場合、階段幅は根太のピッチの2.5倍なので1,015mm(406mm×2.5)。 強度の確保と同時に、広く快適な階段幅の空間も手に入れることができます。

  • 安心その1 工法・構造 丈夫がずっと続く安心をお約束します。
  • 安心その2 高断熱性能 高い断熱性で安心のぬくもりを贈ります。
  • 安心その3 メンテナンスフリー 建てたあとラクラクの安心をお届けします。
  • 安心その4 快適性・自然素材 優しくキレイな安心の室内環境をつくります。
  • カタログ請求・お問い合わせ
  • 個別ご相談受付
Page Top