Voice オーナーインタビュー

真冬のモデルホームで暖かさにビックリ!デザインもコーディネートも理想形でした。

岡山県倉敷市 O様邸

ご家族構成:ご夫婦+お子様1人

【建物面積】
1F 床面積:51.64㎡
      
2F 床面積:52.75㎡
      延床面積:104.39㎡

別の会社の展示場帰りに立ち寄ったモデルホームが運命の出会いになりました。室内がとっても暖かくてビックリ!家に対する考え方が変わりました。

奥様: この家が完成したのは、この子が2歳のときだったから、3年前になるのね・・・。なんだかあっという間だった気がする。

ご主人: 社宅の入居期間が決まっていたから、いずれは引っ越さなきゃならないし、ちょうどいいタイミングだったんだよな。そういえば、最初は違う会社と話をしてなかったっけ。

奥様: そう、違う会社だったね。デザインが好きで、ほとんどそこで建てるつもりだったんだけど…。最終的な答えを出す前に、ちょっとだけインターデコハウスの家を見ておきたくて、モデルホームに寄ったの。

ご主人: 確か1月とか2月・・・とにかく寒い時期だった。家の中に入るとすごく暖かくて驚いたんだよ。コートのままじゃ暑くて、思わず脱いでしまったし、家の中と外ですごく気温差があるのに、窓に水滴ひとつついていないのにも驚いたよな。

奥様: デザイン重視で決めようとしていたけど、デコの家はデザインも細かいところまで全部かわいくて、おまけに性能面も優れているから。たった一度の見学で心変わりしてしまって、話を進めていた会社には申しわけなかったけど、もう絶対デコがいい!ってなっちゃった。

ご主人: うん、誠実で信頼できる人って感じだった。

提案された家はまるごと私の理想形!デザイン画には求めていたものが描かれていました。

ご主人: モデルホームを見学してからは早かったよね。2月にモデルを見て、4月には契約してたから・・・・・・プランもほぼ即決だし。

奥様: そうね。最初に提案されたデザイン画を見て、もう全部これでお願いします!って、ちょっと前のめり気味だったかも。でも、そう言いたくなるくらい求めていたものがそこにあったの。

ご主人: 打合せ前はわりと戦闘モードっていうか、あれこれ言う気満々だったのに、結局はデザイン画見てすぐOKだったもんなぁ。

奥様: 提案されたのが気になっていた家で、しかもコーディネートが大好きなフレンチカントリー!私の理想とピッタリだったから。

ご主人: この時のデザイン画、今も大事にとってあるよね。

奥様: 白い壁に無垢の木の床、素材の微妙な色味や質感のことって、言葉で伝えるのが難しいから、ちゃんと絵の中に表現されていたのが嬉しくて。

ご主人: そういえば、家が完成してから見学に来てくれた人にも、絵の通りに出来上がったんですよって見せてたね。

身近なものでおしゃれに見せる手づくり雑貨のアイデアをスタッフの方にたくさん教わりました。今も会うと雑貨の話で盛り上がります。

奥様: 思い返してみると、初めてモデルを訪ねたときに、家の中を見ながら、こういうのが好きとか、雑貨が好きなことを話していて、それをちゃんとプランやデザインに落とし込んでくれていたから、ひと目で気に入ったし、信頼できたんだと思う。

ご主人: 確かに・・・。打合せのなかでデザインの変更もできるから、遠慮なく話してほしいと言われたけど、とくに変更するところなかったもんね。

奥様: キッチンの壁に使った白い鳥の模様のクロスやきれいなブルーのドアも、設計の方はドキドキしながら提案してくれたみたいだけど、私は見た瞬間「かわいい!すてき!」って大興奮。とくにクロスの模様は白い鳥を飼ってたから、こんな偶然があるんだって感激しちゃった。

ご主人: 建築中もかなり通ったよね。仕事の邪魔になってたと思うけど、行くと隅々案内してくれて、あれもいい思い出だな。そういえば唐辛子って書かれた箱があって、家のどこに使うのか聞いたことあったよね。

奥様: そうそう!デコのスタッフさんが、わざわざ青唐辛子を赤くなるまで乾燥させて、この家のためにリースを作ってくれたの。身近なものを使った手づくり雑貨で、空間を素敵に見せるところもいいなって思った。

クリスマスや五月の節句、七夕など季節の行事を準備から楽しんでいます。家を建てたことで家族の時間がこれまで以上に豊かになりました。

奥様: 家を建ててスペースが広がる分、もしかすると1人になる時間が増えるのかななんて思っていたけど、それはなかったね。家が大きくなったのに光熱費もあまり変わってないし。

ご主人: 前より広くなったから、友だちを呼べるようになったし、人が集まる回数が増えたんじゃないかな。

奥様: キッチンも2人一緒に立っても窮屈じゃないし、対面式だから前みたいにこもってひたすら料理するっていうことがなくなったよね。前は子どもにお手伝いしてもらうのが難しかったけど、今はカウンター越しにのぞいたり、前より垣根が低くなった感じがする。

ご主人: クリスマスツリーも前は狭くて出せなかったけど、今は大きいのも余裕で飾れるからね。

奥様: 季節の行事もその日に向かって準備する過程を、家族みんなで楽しめるようになったのがよかったなって思う。この家はどこに何を飾っても絵になるからね。

ご主人: それはそうだけど、あんまりゴチャゴチャ飾りすぎないようにね。

  1. 09

    「真冬のモデルホームで暖かさにビックリ!」

    岡山県倉敷市O様邸

  2. 08

    「心から『好き』と思える家に住みたかったんです。」

    佐賀県小城市K様邸

  3. 07

    「外観デザインも間取りも、私たちの理想そのもの!」

    北海道函館市M様邸

  4. 06

    「家を建てるなら絶対インターデコハウス」

    広島県K様邸

  5. 05

    「心を動かしたのは信頼できる営業マンでした。」

    岡山県Y様邸

  6. 04

    「水の郷・安曇野でカフェをオープンしました。」

    長野県O様邸

  7. 03

    「憧れの空間を実現できて幸せ♪」

    北海道H様邸

  8. 02

    「20代だからできる家づくり」

    佐賀県Y様邸

  9. 01

    「古いものを大切に使い続ける暮らし」

    北海道M様邸