Voice オーナーインタビュー

「はじめの一歩セミナー」に参加して資金計画の不安が解消できました。20代だからできる家づくりがあるんですね。背中を押してもらって、一歩踏み出せました。

Y様邸

ご家族構成:ご夫婦、お子様2人

【建物面積】
1F床面積:51.18㎡/2F床面積:53.24㎡/
      延床面積:104.42㎡(31.52坪)

Interview.01 最初に知ったのは、バス見学会の広告でした。
建てるのはまだまだ先と思っていましたが、かわいい家の雰囲気に惹かれて参加したんです。「ランチ付き」なのもポイントでしたね♪

ご主人:初めてインターデコハウスを知ったのは新聞の折り込み広告でした。上の子が1歳になる少し前だったので3年くらい前ですね。モデルハウスのバス見学会があるというので参加したんです。

奥様:インターデコハウスのことはこのとき初めて知ったのですが、カントリーテイストのインテリアが好きだったので、ひと目見て気に入りました。このときは一日で3つのモデルハウスを見学しました。ランチも付いているとってもお得な内容だったんです。

ご主人:モデルハウスを見るのもこの時が初めてだったから楽しかったし、実物を見たことで現実感が増して、家を建てたい気持ちが高まりましたね。

奥様:そう、なかでも最後に見たモデルハウスにはひと目ぼれでした。玄関からリビングに続くアーチの天井や対面キッチン、かわいくてステキで、建てるときは絶対コレにしようって思いました。

Interview.02 頭金のことやローンの返済などわかりやすく丁寧に教えていただいて気がかりだった資金面の不安が解消されました。「今建てていいんだ!」と、勇気をもらえました。

ご主人:見学会に参加したあとは、オープンハウスのお知らせをもらって何回か見に行きました。家を見せてもらいながら、営業の方に頭金のことなど不安に感じていることを話したら、「セミナーを開くので来ませんか?」と声をかけてくれたんです。

奥様:そう!「はじめの一歩セミナー」ね。住宅ローンの種類とか固定資産税のこととか、お金に関する話が中心で、どれも初めて聞くことばかりだったから本当に勉強になりました。やりくり次第で自分たちにも建てられることがわかって希望がもてました。

ご主人:何年も我慢して頭金を積み立てるより、金利の低い今のうちに家を建てたほうがメリットが多いとアドバイスされたんです。20代のうちにローンの返済をスタートすれば、返し終わるのも早いですからね。それまでは頭金がないと絶対ムリと決めつけていたのですが、「大丈夫だよ」って背中を押してもらえた感じがしました。

奥様:それからすぐローンの仮審査をしてもらって、具体的に話を進めていくことになったんです。

ご主人:土地選びから相談に乗ってもらって、営業のKさんには本当にお世話になりましたね。

Interview.03 妻のこだわりは白いタイルのキッチン。私は2階ホールの書斎ですね。相談されて一緒に考えているうちに家づくりの面白さにはまっていきました。

奥様:私が一番こだわったのは白いタイルのキッチンです。対面カウンターの小窓や壁の飾り棚、インターネットや雑誌で好きなテイストのものを集めて「こうしたいんです!」って伝えました。

ご主人:僕は好きなマンガを読むときにこもれる空間が欲しくて、2階ホールに書斎スペースを作ってもらいました。壁に本棚があって、広さもちょうどよくて落ち着くんですよ。

奥様:階段下の収納など図面では気づかない部分まで使いやすく設計されていてさすがですね。色々迷うことも多かったのですが、設計のAさんやコーディネーターのOさんのおかげで、形にできました。

ご主人:そういえば「これ、どう思う?」って、迷ってたよね。こだわってるわりには僕の意見が通ったりして、玄関の上がり框に使ったモザイクタイルも、僕が提案したブルー系の色になったんですよ。

奥様:そう、あそこは最初ピンク系にしようと思っていたんだけど、それだと土間と廊下との境目がハッキリしないって言われて、最終的に今の色に落ち着いたの。言われたとおり、こっちにして正解でした。

ご主人:妻のこだわりと僕の意見、コーディネーターのOさんが上手にバランスを取りながら、直地点を見つけてくれていた気がしますね。

Interview.04 夏は涼しく、冬は暖かく、とっても快適。無垢フロアの足触りも心地よくて家族全員、一年中素足で過ごしています。子どもたちも、のびのび遊び放題です。

ご主人:下の子が生まれたのと家の完成がほぼ同時期だったので、暮らし始めて2年になります。営業のKさんから住宅の性能について説明は受けていたのですが、実際に生活して夏の涼しさや冬の暖かさを肌で実感しています。

奥様:外の気温が30℃を超える暑い日でも、家に入るとスーッと涼しくて、窓から直射日光が入っているのに、それほど熱を感じないんです。以前は6月から9月いっぱいまで一日中フルで使っていたクーラーも、この家では真夏の限られた期間しか使っていないんですよ。

ご主人:あと、無垢フロアの床はちょっと凹凸のある浮造りという仕上げになっていて、足触りがとってもいいんです。冬も家の中は寒さ知らずなので、一年中家族全員、裸足で過ごしています。

奥様:実を言うとお料理はそんなに得意じゃないんですけど、今はキッチンにいるのが楽しいので、頑張ろうっていう気持ちになります。子どもたちがもう少し大きくなったら、カウンターも広いですし、一緒にパンやおやつ作りがしたいですね。今も上の子は自分からお手伝いしてくれるんですよ。

ご主人:それともうひとつ、これからやっていきたいのが庭づくりです。芝を張ってウッドデッキをつくって、時間はかかるかもしれないけど、エクステリアを自分でデザインして造ろうと思っています。

  1. 09

    「真冬のモデルホームで暖かさにビックリ!」

    O様邸

  2. 08

    「心から『好き』と思える家に住みたかったんです。」

    K様邸

  3. 07

    「外観デザインも間取りも、私たちの理想そのもの!」

    M様邸

  4. 06

    「家を建てるなら絶対インターデコハウス」

    K様邸

  5. 05

    「心を動かしたのは信頼できる営業マンでした。」

    Y様邸

  6. 04

    「水の郷・安曇野でカフェをオープンしました。」

    O様邸

  7. 03

    「憧れの空間を実現できて幸せ♪」

    H様邸

  8. 02

    「20代だからできる家づくり」

    Y様邸

  9. 01

    「古いものを大切に使い続ける暮らし」

    M様邸